世界先進国のインプラント治療が受けれる名古屋の歯科医院世界先進国のインプラント治療が受けれる名古屋の歯科医院とは

名古屋なら安心してインプラント通院

名古屋なら安心してインプラント通院

現在、名古屋に住んでいるのですが、歯医者さんには、月一回、歯石取りに通っています。

歯も骨も痩せてきて、隙間がかなり空いてきているため、普段の歯磨きでは取れきれない部分がかなりあるのと歯茎と義歯の間の隙間があるらしいです。

被せ物やブリッジだと、どうしても、年数が経つにつれて、そうなるらしいです。

その点、インプラントでは、その状況にはなりにくいということです。

それは義歯自体が独立していて、健康な状態とほぼ同じだと言う事です。

ただ、今、転職を考えている為、名古屋を離れるかもしれないという難点があります。

インプラントの治療は完了まで1年ほどかかるそうなので、もし、そうなると通院がネックになります。

ところが、よくよく聞いて見ると、手術後のメンテナンスは、年に数回の通院だそうです。

もちろん状況に応じて細かく通院する方法をすすめていますが、そのくらいなら、実家がありので帰省もしますし、東海の中心地である名古屋駅ならかなりの頻度で利用するはずなので、安心して治療ができそうです。

世界の先進国のインプラントを名古屋から

欧米での虫歯の治療は、傷んだ歯を残さず、根元から取り除き、骨に直接、チタン製のインプラントを埋め込む治療法が主流に変わってきているそうです。

インプラントは骨と一体化して強度を元の状態に戻すため術後の状態を長く維持できます。

傷んだ歯を補修して、数年後に完全にとれてしまい入れ歯にするというような、二度手間を考えると10年後、15年後でも、骨が元気なうちは維持できるこの治療法を選ぶそうです。

長く持たす為には、できるだけ頑丈なインプラントが必要となります。

種類もネジ式か、らせん式、太さも様々あるそうです。

しかし、欧米人に比べて日本人のあごの骨格は細い為、事前のレントゲンやCTによる診断が必要です。

名古屋の治療では、術前に少量の骨を採取して強度も測りより良い手術方法を選択するそうです。

名古屋のインプラントについて

これは名古屋駅にある医院の真剣さならではの治療法です。

入れ歯の場合、扁平上皮癌を引き起こす原因になるとも考えられています。

また、食感や味が判りにくかったり、噛む力が衰えてりもする欠点があります。